2019.6.1. ブログスタート! 

74. 【歯科矯正】体験記

74. 【歯科矯正】体験記

こんにちは、のぶちかです。

さてこの度、2年4か月の歯科矯正を終えました(長かった~泣!)。

現在は第2ステージの保定装置装着期間に入りましたが、ここでひとまず第1ステージの気付きをまとめておきます。

これから歯科矯正をしようか迷ってる方や、やり始めたばかりで早くも辛い方の参考になれば嬉しいです。

装置

どアップ、失礼致します(笑)。

また、上唇が長すぎて装置がほぼ見えてない事も深くお詫び申し上げます・・・。

さて、これはわたくしのリアル装置☝

先生からは

「こんなんとこんなんもありますけどどれにしましょうか~?」

という説明はなく、勝手且つスムーズにこれになってました(笑)。

ほんでもってこれ↓が各装置の名称。

上下の歯横イチにはわせる「アーチワイヤー」を「ブラケット」にはめ込んだら、
「リガチャ―ワイヤー」を締めて歯列を移動させる仕組み☝

「ブラケット」はアロンアルファの更に強力版みたいな「スーパーボンド」で接着。

装着直後は外れやすかったりするので、外れたらなるべく早く付けてもらいましょう。

じゃないと外れた歯だけ矯正が効いてない状態になっちゃいます☝

装置を付けた後は?

月に1回、調整の為に「リガチャ―ワイヤー」を締めなおします。

それ以外は「ブラケット」が外れたり「アーチワイヤー」が飛び出たりした時の調整だけ。それが無ければ基本的にはほったらかしです。

見た目の印象

私の装置は前面の歯だけはクリア樹脂だったので、目立ちにくかったです♬

しかもよく「(歯科矯正)してるの、分からなかった!」と言われてこちらが驚く事もあったほど。

歯科矯正は費用、期間、不便さ以上に、「見た目」を気にして躊躇する人も多い筈。

そんな時は先生に

「クリア(樹脂)でよろしゅうおねがいしま✌」

と伝えればバッチリです!

装置が外れやすい食べ物

これは単純に「固いもの」です。

私が実際に外れたものは

「サザエの刺身」
(大き目固め)

「せんじ肉」

です(笑)。

これらがお好みかどうかはおいといて、これらはかなり固くて奥歯のブラケットをよく壊してくれる強者だったので、念の為お知らせ致します。

なのでこれ以外でも固いものがお好きな方は本当に良く注意して食べて下さいね☝

いやむしろ、食べない方が賢明かと・・・。

装置が外れると・・・

装置は気を付けていても外れる時は外れます。

外れて一番何が損かと言うと

「時間」

です。

なぜなら「ブラケット」が外れると「アーチワイヤー」と「リガチャ―ワイヤー」の両方を外さないといけないから。

先生の腕にもよるでしょうが、上の歯全部に「リガチャ―ワイヤー」を付け替えるだけで20~30分かかるので、上下の歯が1カ所ずつ取れたとしたら全とっかえで約1時間(怖)。これに待ち時間、通院時間が付加されると、場所が場所なら半日潰す事もありそう・・・。

私の先生は付け直しに費用は取らなかったからまだ良いけど、院によっては取られちゃうところがあったとしたら「時間」と「お金」のダブルパンチ!

という事で固いものが好きな方は重々ご注意を~☝

詰まりやすい食べ物

「刻みネギ」
➡色も緑だし詰まっている事に気付きにくいしそこそこ取りにくいし、コイツは本当に悪い奴(笑)!ネギ好きにはたまらんでしょうが、外食で避けたい食べ物ナンバーワンと言って良いでしょう!

「精肉類」
➡カルビ、ロース、ハラミ(繊維質なので最強)、何でも詰まりやすい(笑)!

「ミノ」
➡詰まったらもんの凄い取りにくいです(笑)!なんか弾力使って抵抗してきます(笑)。

「ホルモン」
➡ミノほどの詰まりっぷりは無いものの、ブラケットに巻き付いてしまうとこちらの攻撃をしなやかにかわされなかなか取れません(笑)!

「豆類」
➡納豆、豆もやしの豆部、トウモロコシ(豆じゃないけど・・・)。

「長物類」
➡麺類(細いほど強敵!)、もやし(ナムル)、ホウレンソウ(ナムル)、細切りの酢の物(大根、ニンジン←結局ナムル 笑)等々。この長物類は気を付けないと「アーチワイヤー」を軸に干された洗濯物とか、縄のれんみたいにビロ~ンと垂れ下がります・・・。特に麺類は気を付けても上唇の裏側が、口にたくさん食べ物ため込んだリスみたいな感じになって不細工になるので注意が必要です(笑)☝。

味方な食べ物

これはもう柔らかい食べ物につきます!

「豆腐」「ヨーグルト」「プリン」「おかゆ」、このあたりなら歯の隙間に入り込んでもグチュグチュペェ1発で楽勝です!

食べる時のストレスも異常に低くなる我々歯科矯正人の味方的存在と言えます☝

痛くなる時

①調整直後
➡私は抜歯せずに矯正に入ったのでまだ動く範囲が小さく痛みはそれほどでもなかったですが、多くの人が抜歯をして行う様で、そうすると歯が動く範囲は大きなって相当痛いみたいです。特に調整直後は痛いですがすぐに慣れるので大丈夫です(個人差は生まれます)。

②調整直後の咀嚼
➡①に対してより痛みが増します(笑)。あまりに痛い人は柔らかい食べ物を食べる事で回避しましょう☝

③「リガチャ―ワイヤー」が飛び出た時
➡これ、超厄介です!!!先ずは下の図を御覧下さい。

ちょっと分かりにくいかもしれませんが、気を付けないといけないのは「リガチャーワイヤー」切断部先端!
これが本当に悪さします!

で、付けたばかりの時期はまだ慣れておらず装置のどこの何が刺さっているのか全く分からないので、

「なんか刺さる!」

と思った時はまず最初にこの③をチェックしてみましょう☝飛び出しが見つかったらつまようじの後ろ側とかで押し込めば簡単に治せます。

④「アーチワイヤー」が一番後ろの装置を突き抜けた時
➡これもハイパー厄介です!!!
何が一番厄介かって「自分では治せない事」&「リガチャー」より痛い事(飛び出方にもよる)」です。

慣れるまではちょっと分かりにくいかもしれませんが、飛び出ていると舌で飛び出ているかを確認できる様になるので、気付いたらなるべく早く治してもらいに行きましょう。そうしないと咀嚼の度に辛い思いをする事になります・・・汗。

⑤「ブラケット自体」
➡ごくまれに「ブラケット」自体に突起が出て、それが咀嚼の都度、口の内側に刺さる(というか引っかかる)事があります。これは経験上、一番辛かったです。なんというか咀嚼の都度、口の内側にこの突起が引っ掛かって最後はちぎれるみたいな・・・。食事は辛いしそもそも美味しく食べれないし口の中は血まみれ・・・。慣れてないとこの原因が③だと勘違いしてしまいワイヤーの向きばかりに気を取られますが、「引っ掛かり系」の場合はほぼ「ブラケット」の突起が原因です。突起を自力で削れるか試してみた事もありますが難しかったので、これもできる限り早く先生に治してもらいましょう。

デートの時

対面で座るお店だと口に食べ物が引っ掛かってないか気になってデートに集中できないので、カウンターの様に横並びで座れる席がおススメ(笑)☝

注文するものにも注意して、できるだけ歯を見られる事を気にせずに済むようにしましょう☝

歯磨き

まずは歯間ブラシで隙間の残渣を取り除いてから歯磨きをします。私の場合、歯茎付近は力が入りやすく歯肉がやや痩せて歯が長く見える様になってしまったので(笑)、優しい力で長めに磨くことをおススメします。

費用

「装置代」:院によりバラバラ

「調整費」:院によりバラバラ

費用は各院で大きく開きがあります。

私の費用はちなみに45万(調整費2,000円/月)でしたが、同じ町でも院が違う事でお子さんの矯正に100万円支払った方も知ってます 汗。

装置によっても変わってくるので、複数の院をネットやヒアリングから調べてみる事をおススメします☝

最後に

見た目、食事、ケア、痛みと歯科矯正は大変ですが、月日は勝手に流れていくので終わりを迎える日は必ずやってきます!

また、歯並びが悪いと歳と共に腰痛や頭痛にも大きく影響してくるので、悩んでいる方は思い切ってみると良いと思います。