2019.6.1. ブログスタート! 

69. 【田舎】のメリットとデメリットをイケハヤ氏目線と比較したら面白かった! その4-1「ライフスタイル」編

69. 【田舎】のメリットとデメリットをイケハヤ氏目線と比較したら面白かった! その4-1「ライフスタイル」編

こんにちは、のぶちかです!

さて今回も東京から高知県本山町へ移住したイケハヤ氏と山口県萩市(人口約4万人)に住む私の【田舎】に対する目線の比較をしていきます。

今回は「ライフスタイル」の比較。

それと再三言いますが、今から行う比較はイケハヤ氏に対する反論では全くなく、イケハヤ氏の田舎愛目線が嬉しいという気持ちと、私が知る田舎の現実との乖離や共通認識が面白かったので勝手に比較するだけです (笑)。

それではさっそく参ります!

念の為、本日も御本人のブログからプロフィールを↓

イケダハヤトのプロフィール(長文)

http://www.ikedahayato.com/index.php/profile

そして表題の記事がこちら↓

地方移住4年目。メリットとデメリットを語ろう。

http://www.ikedahayato.com/20160601/60489216.html

イケハヤ氏目線の【田舎】その4-1

20代でも家が買える。

地方は家を手にいれるためのコストが低いので、若くして持ち家をゲットできるのもいいですね
ボロい空き家でよければ100万円くらいで買えますよ。んで、300万かけてリノベすればOK。35年ローンを組む必要なぞありません。
「東京時代、ダブルインカムで貯金した夫婦」とかなら、キャッシュで家買えます。

地方移住4年目。メリットとデメリットを語ろう。
引用: http://www.ikedahayato.com/20160601/60489216.html

確かにあります、100万円の物件(笑)!

そして欲しいかどうかは別として、これに関しては20代の田舎の人でも家は買えますね(笑)☝

ただ余談ですが、田舎の人の傾向としてはボロい空き家をわざわざ買ってリノベして住んでる人ってあまり見かけない気がしますが・・・。

ちなみに我が家はリノベして住んでるので分かりますが、家はボロければボロイほどリノベ費用がかかります(笑)。

リノベ費用はボロい家の規模と仕様をベースにどこまでこだわってリノベしたいかにもよりますが、リノベ費用が300万円だと、感覚的にはDIYレベルがかなり高くて家づくりにやや専門知識がある人が自力でやらないと難しいイメージが・・・。

だから都会から移住を希望される方は、単純に

「田舎だと400万円あれば家持てる!」

と考えると、ちょっと計算が狂ってしまう事もあるかもしれないので御用心です。

まぁイケハヤ氏は前提として「ボロイ空き家でよければ」と前置きしてるので、本当にボロくても良いなら何の問題もありませんが(笑)。

ちなみに、100万円という破格物件でも基礎工事や屋根(雨漏り)とかをいじる必要がないにものに巡り会えて、しかも「自分で作りあげていく」事が楽しい人ならむしろそういうボロい(手を加える余地がある)物件の方が良いかもしれません☝

なぜなら壁に漆喰塗ったりとか超楽しいし、なんせオシャレに見えるし♪

照明まで気になり始めたらもうワクワクが止まらんわけです(笑)!

オシャレなランプシェードを探してる時間だけでも幸せな気分になるし、そこにオシャレな家具なんて入ろうものなら最高です!

なにより自分達でコツコツ作り続けてちょっとずつでも変わっていく様が何とも言えない達成感があります!

だから、「家が欲しい!」というスタンスよりも「DIY超好き!」という感覚の人には、田舎は100万円からDIYをスタートできる夢の様な場所と言えます♪

とにもかくにも田舎へ移住すると、ボロくて良いなら超破格で持ち家を持てる事は間違いないという事です。

家族の時間が増える。

「生きるために働く」ことから逃れて、「もっと遊ぼう」と思えるようになる。そうなると、自然と「家族とともに過ごす時間」も増えていきます。都会にいたときは、家を空けがちだったので、とてもいい変化です。

地方移住4年目。メリットとデメリットを語ろう。
引用: http://www.ikedahayato.com/20160601/60489216.html

このあたりの可能性はもう都会とか田舎を超えて、仕事次第、働き方次第というところだと思います。

ちなみにイケハヤ氏は主にブログやYouTubeで活動してますが、そうやって在宅で仕事ができる場合は本当に家族との時間が増えると思います。

というか、いつも家族と一緒になっちゃいます(笑)!

私も家と店が一緒なので、妻とはいつも一緒。

子供達も学校から帰ればいつも親がいるという環境だし、親も子供がちゃんと家に帰っているか心配に思う必要もなくなります。

ただこれも「田舎だから可能」というよりは仕事の種類に依存するわけで…。

結局、移住後もネットで仕事ができる人は最強なんじゃないかと思ってしまいます。

それさえできれば収入にも困る事なく低コストで生活でき、家族との時間も増える。

仮に超忙しくてずっとPCの前に座ってしまう事があったとしても、家の中なので家族の気配は感じられるし、家族と話そうと思えば話す事もできる。

だから「家族の時間が増える」に関しては、

仕事がネットによるものがセットになると、最高のパフォーマンスを出せるという感じですね☝️

自給自足できる。

どこまで本気でやるかは人それぞれですが、コメと野菜程度なら割と気軽に自給できちゃいます。
うちも家庭菜園あるんで、あんまり野菜を買うことはありません。これから規模も大きくしていくので、さらに購入する頻度は減っていくでしょう。
猟師・漁師のスキルがあれば、動物性のタンパク質も自給できます。妻が釣りをやりたがっているので、極めて貰おうと思っています。
食料以外でも、「水」は湧き水なのでデフォルトで自給自足。「電気」もソーラーパネル使えば自給自足。「熱」に関しても薪がありますね。
本気の本気でやれば、すべてのエネルギーを自給することも可能です。うちは電気自動車(アウトランダーPHEV)乗ってるんで、太陽光で発電した電気でクルマを動かそうと考えています。
最近は家すらも自給自足。小屋を作って遊んでます。
(中略)
田舎は「まぁ、自分でなんとかすればいいか」と思えるので安心感がありますよね。

地方移住4年目。メリットとデメリットを語ろう。
引用: http://www.ikedahayato.com/20160601/60489216.html

どこまで本気でやるかは人それぞれですが、コメと野菜程度なら割と気軽に自給できちゃいます。
うちも家庭菜園あるんで、あんまり野菜を買うことはありません。これから規模も大きくしていくので、さらに購入する頻度は減っていくでしょう。
猟師・漁師のスキルがあれば、動物性のタンパク質も自給できます。妻が釣りをやりたがっているので、極めて貰おうと思っています。
食料以外でも、「水」は湧き水なのでデフォルトで自給自足。「電気」もソーラーパネル使えば自給自足。「熱」に関しても薪がありますね。
本気の本気でやれば、すべてのエネルギーを自給することも可能です。うちは電気自動車(アウトランダーPHEV)乗ってるんで、太陽光で発電した電気でクルマを動かそうと考えています。
最近は家すらも自給自足。小屋を作って遊んでます。

(中略)
田舎は「まぁ、自分でなんとかすればいいか」と思えるので安心感がありますよね。
地方移住4年目。メリットとデメリットを語ろう。
引用: http://www.ikedahayato.com/20160601/60489216.html

この領域になると、完全にど田舎にならないと難しいです(笑)!

単純に

「田舎の家=庭付き畑付き」

じゃありませんからね(笑)!

しかも田舎の人でもイケハヤ氏みたいに自給自足をする人の方が圧倒的に少なく、野菜とかスーパーで買う人がほとんどじゃないでしょうか(笑)?

つまり、

イケハヤ氏の言う「田舎」とは、そんじゃそこらの田舎レベルじゃなく本当に山の中とか、町から結構離れた所のレベルだと言えます。

ちなみに萩は釣りはできます。

ちょっと離れれば農作もできます。

でも湧き水とか出ませんから(笑)!

出ても飲めるのか?

なのでこれから田舎に移住しようと考えておられる方は、田舎でもレベルによって自給自足が可能にならない場所がある事を良く理解された方が良いです。

更に目的が自給自足みたいな生活だったら、ちょっと町で物件探ししても見つかりにくいですよ、きっと。

更に町中だとコストは上がるので、せっかく下げらるコストも中途半端にしか下げられないので、どうせしっかりコスト下げて自給自足も楽しみたいなら、地域の人口数千人規模とかで探した方が早く見つかる気がします。

それにしてもイケハヤ氏、アクティブ(笑)!

まとめ

・田舎は100万円で家が売っているので20代でも家を買えるが、ボロ家確定(笑)。ボロでもDIYやリノベが好きで、住んでみたい部屋のイメージが固まっている人には田舎は最高!

・田舎で家族の時間が増えるかどうかは仕事次第。ネットで仕事ができる人にとっては在宅ワークが可能になるので、家族の時間が増えるは正解!

・田舎で自給自足ができるかどうかは田舎のレベル次第。移住時に自給自足を少しでもしたいと思うなら、人口数千人規模の町に絞ると物件も多く探しやすい。

本日は以上です。

東京の人からすると田舎はどこも同じ田舎と思うかもしれませんが、特に自給自足可能レベルを望まれる場合は「ど田舎」を選択しないと叶いにくいかもしれないのでどうぞ御注意を☝️