2019.6.1. ブログスタート! 

43.「変化」も「挑戦」も「継続」も楽に可能になる、【ホメオスタシス】の利用と「コンフォートゾーン」の書き換え。

43.「変化」も「挑戦」も「継続」も楽に可能になる、【ホメオスタシス】の利用と「コンフォートゾーン」の書き換え。

こんにちは、のぶちかです。

さて昨日は「三日坊主はホメオスタシスのせい」というお話から、

「ホメオスタシス」の存在を知ると、「挑戦」、「変化」、「継続」の都度、人間は「恐怖」や「辛さ」を感じてしまう事が理屈として分かる。

という流れになりました↓

42. 「三日坊主」はあなたのせいじゃなかった!怖かった挑戦や辛い継続を達成するには【ホメオスタシス】の存在を知れば良い!

http://nobuchika.net/post-1074

nobuchikablog  ~時間は命~

ただ厳密に言うと、

「挑戦」、「変化」、「継続」自体に「恐怖」や「辛さ」が伴うのではなく、普段の「コンフォートゾーン」から逸脱しそうな時に、「ホメオスタシス」が普段の「コンフォートゾーン」へ引き戻そうとしているだけなのです。

だから…、

普段からの「コンフォートゾーン」自体が「挑戦」や「変化」、「継続」を好む状態であれば、「恐怖」も「苦痛」も無く通常運転が可能となるのです!

という事で本日は以下の内容を実体験も踏まえて解説していきます。

コンフォートゾーン(快適領域)を変える方法

深層意識の書き換えを行う

人間の意識は「顕在意識(自覚的な意識)」「潜在意識(無自覚な意識)」に大別され、その内の97%を占めるのが「潜在意識」と言われています。

そして「深層意識」とは「潜在意識」のより深い部分の事をさしますが、この「深層意識」が人間の行動に大きな影響力を持つと考えられているので、この「深層意識」が変わらないとこれまでの行動や習慣を変えるのは難しくなります。

逆を言えば、深層意識を自分が理想とする状態に書き換える事さえできれば、深層意識に引っ張られて行動に変化が起き、理想の状態に向けて近づき始める(夢が叶う)という考え方です。

「深層意識」の書き換えの方法

巷ではこの方法に対して色々な方法が唱えられていますが、ここでは私がこの1年以上実践して最近ようやくその効果を感じ始めた方法を共有します。

方法①
「今の自分では実現できそうもないが、自分が心から叶えたい夢を強く描く事でホメオスタシスを働かせて、思考と行動を変えていく」
-苫米地英人博士-

➡ここではなぜこの方法なのかについては触れませんが、強いて言うとすればコーチングの苫米地博士の話を聞き続けていて試してみたくなったからです(笑)。

さてこの方法の実践についてですが、最初はとても難しかったです。

なぜなら、「自分では実現できそうもない夢」をイメージする際にも「俺には無理なんじゃないか?」とホメオスタシスが働いたり、「人にその夢を言ったら笑われるかも」という恐怖感がすぐに表れたからです。

ただ、別にこれを実践する上ではその夢を人に言わなくても良いわけで、なおかつそれをする事で何か損になるイメージも無かったので心では常に夢をイメージし続け、妻に対しては口頭で夢を語り続けました。

方法②
「睡眠前の自己催眠」
―ジョセフ・マーフィー―

➡ 「眠る直前は潜在意識にアクセスしやすく、願いが通じやすい」 という考え方を唱えたジョセフ・マーフィー 。

方法①で具体的な夢をイメージしても、どちらかという①は「顕在意識」への働きかけなので、領域は3%と弱いです。だからそれをより深層意識(意識領域97%)に働きかける必要があると考えたのですが、その方法がどういうものか分からなかった時に出会ったのがこの方法です。

始める時点では方法①と共に本当に効くかどうかは分かりませんでしたが、①に同じく叶わなくても損はしないだろうと試し始めました。

方法は文字通り、

「寝る直前に実現できそうもない夢を叶えたイメージをする」

と、もうひとつが

「大好きだったお酒を憎む」という方法です(笑)。

1年以上試した結果

以上のふたつをずうっと続けてきて自分に起き始めた変化を挙げるなら、

・以前までの様に時間を無駄に過ごす事が嫌になった。

・仕事でもアクション量が増えた。

・勉強量が増えた。

・ブログを毎日書く習慣が付いた。

・酒が体的に弱くなった。

・酒があまり飲みたくなくなった。

・飲酒可能量が激減した。

・酒は時間も体力もお金も判断力も奪う悪い存在と思えるようになった(まだやめてませんが 笑)

等です。

最初はこれらの変化(効果)は偶然かなぁと感じていたのですが、最近はもう信じる様にしました。

なぜなら、時間にしても1年以上は寝る直前にその両者を唱え続けていたので、テスト期間としては割りと充分時間を割いたと言えますし、現実的にアクションが変わってきた事や体に変調が起こった事は事実なので、私としてはこの方法が効いたと言い切れますし、続ければなお変わっていくイメージも持てているからです。

そしてその変化に強く影響したのが「ホメオスタシス」だと考えています。

例えば、

以前までだと続かなかったルーティンワークが辛くなくなるどころか、気持ちのどこかで

「今日は(ブログ)休もうかなぁ?」

とよぎったとしても、気持ちが悪くなって結局休まなくなるのです。

また、

あれほど好きだったお酒に対し、

「たくさん飲みたい!」

という気持ちが消えてしまった事は、「ホメオスタシス」が働いているからと考えられます。

つまり、

私の場合は方法①、②が深層意識の書き換えに少なからず成功した事によりコンフォートゾーンが変化し、その結果、ホメオスタシスの働き方が以前と逆転したと言えるのです。

まとめ

「書き換えなきゃ。」

・人の行動を決める上で大きな影響力を持つのが深層意識。だからその深層意識を変えないと行動を変える事は困難。

・深層意識を変えるには① 今の自分では実現できそうもないが、自分が心から叶えたい夢を強く描く事 。② 潜在意識にアクセスしやすくなる寝る直前に、実現できそうもない夢を叶えたイメージをする 。

・以上を続けると深層意識が書き換えられ、夢と現実とのギャップに気持ちが悪くなり、そのギャップを埋める為に「ホメオスタシス」が働き始め自然と思考や行動が変わる。その際にはもう以前に感じていた「恐怖」や「苦痛」を感じる事は無くなる。

本日は以上です。