2019.6.1. ブログスタート! 

40. 時澤真美 「虹斫 リングレスト」レビュー

40. 時澤真美 「虹斫 リングレスト」レビュー

こんにちは、のぶちかです!

本日も2019年7月13日からJIBITAでの初個展を行う時澤真美さんの作品をレビューします。

時澤真美 略歴

1978 京都府生まれ
1997 京都市立銅駝美術工芸高校 卒業
2004 愛知教育大学造形文化コースガラス専攻 卒業
2006 富山ガラス造形研究所造形科 卒業
2006 富山ガラス造形研究所 助手勤務(~2009)
2009 富山ガラス工房 所属(~2013)

2005 現代ガラス大賞展(富山)入選
2006 美の祭典越中アートフェスタ2006 佳作(富山)
2007 Young Glass 2007(デンマーク)入選
2008 日本クラフト展(東京)奨励賞
2009 日本クラフト展(東京)入選
   KOGANEZAKI・器のかたち・現代ガラス展 入選
   工芸都市高岡クラフトコンペティション 入選

作品レビュー

作品名

 「虹斫(にじはつり)リングレスト」

スペック

サイズ 69×71×14㎜
重量 101g
価格 5,000円税別(2019年7月8日現在)

制作手順

①熱したクリアのガラス玉に、並べておいた虹色各色の色ガラスを巻きつけて吹き、カップ状に。

②カップ状のガラスにクリアガラスを流し込み、更にその上からクリアガラスを巻き、棒状に。

③作るアイテムごとに太さを変える為、伸ばして調整。

④冷ましてスライスし、研磨。

⑤ (ここからは資料外) 側面を縦に削り、面を出す。

⑥リングを乗せる部分を凹状に削りくぼみをつける。

⑦削り出した面はそのままだと摺りガラス状に曇っている為、再度加熱(ファイヤーポリッシュ)してクリアにする。

⑧仕上げに底部裏面に残るポンテ跡(吹き竿を外した跡)を研磨。

使用感

「美しさ」: 非常に美しい。

フォルムバランス、側面に施した縦への削り、リングを乗せる部分のくぼみ、虹色ガラスの美しさ、そして出雲のガラス作家、川辺雅規氏に「磨きのレベルが非常に高い」と評された仕上げの磨き。これらが相まって清浄かつ光輝な品格を擁した美しさを保っている。


「サイズ感」:小さめ。

2本指で無理なくはさみこめるサイズ感の為、場所を取らない。


「表情」:置く場所により多様に変化。

ガラスの上に置くとあでやかな虹色よりも透明感が強調され、幻想的な印象が増す。
白いクロスの上なら虹色が強調され、本来うったえたい虹色の美しさが鮮明に映る。

用途

◆◎「リングスト」
◆〇「オブジェ」
◆〇~△「ペーパーウェイト」:100g程度と軽量の為、冊子のページを押さえたり、風のあるところでの使用には不向き。

美しいリングレストがあると、大事なリングをしまい込まずに眺めていられる幸せがあります。

そして実はその風景から得られる幸せは、リングのもらい主だけが感じるものではなく、リングの贈り主も感じられるのです。

「大事にしている」

「大事にされている」

そんな事を自分にも相手にもさりげなく表現できるアイテムが、このリングレストなのです。

時澤さんの作品にリングが置かれた画を見ると、リングレストが持つそんな力をより感じてしまうので不思議です。

「時澤真美 ガラス展」

会期 2019年7月13日~21日 11:00~18:00(会期中は休まず営業します)
会場 JIBITA
作家在廊日 7月13日、14日