2019.6.1. ブログスタート! 

THOUGHT

1/4ページ

92.感情をニュートラルにしておく事の重要性

感情の塊で生きてきました(笑)。 怒ればすぐ顔に出し、嬉しければ狂った様に高揚する(笑)。 そして、 前まではそれをあまり悪いと考えた事も無く、「むしろ人間的でえぇやないか?」と真面目に思っていました(笑)。 一方、 いつも冷静で感情表現をほぼしない人に対しては、 「冷たい人」「裏がありそう」「他人を観察するなんて怖い」「アラ探しでもして後で人にネタ提供でもする気か?」 と、ほぼマイナスのイメージ […]

91.「家庭の基礎作り」について試している事

今回は「90.」の記事の続き的内容です。 子供は外で辛い目に合って帰ってきても、「逃げ場所」になれる様な家庭があるだけで救われたり気持ちを立て直せる というアドバイスを経験談からのお話として頂いてから、まずは私の「他人事」をどうにかしたい気持ちは一旦落ち着かせて、「自分事」として自分の家庭を整えていく事にした、というところから始めます。 環境の整理 先ずは親から その人から出る言動は、その人が身を […]

90. 「他人事」より「自分事」?

さて、新年が明けました。 この2020年はパラリンピック閉会式以降から、日本沈没の始まりみたいな記事も散見され(ガクブル…)ある意味気持ちが引き締まる思いですが、「沈没してたまるか!」という事で(←大げさ)今年もじっくりやっていきます(笑)。 そして新年一発目のブログは、昨年ブログを2か月以上放置しつつも、 「自分は本当は何がしたいのか?」 という自問自答をし続けて少し考えがまとまったので、気付き […]

81.【萩焼】について改めて考えてみた ④大衆芸術編

こんにちは、のぶちかです。 今回は萩焼の中から「大衆芸術」編をお送りします。 先ずは「大衆芸術」とは何か↓?※説明の便宜上、「大衆芸術」が「大衆文化」に内属される事から以下引用は「大衆文化」より引用しています 大衆を担い手とする文化。生活水準の向上、教育の普及、マスコミの発達などを基盤にして形成され、大量生産・大量消費を前提とするため、文化の商品化・画一化・低俗化の傾向を伴うことが多い。 引用:三 […]

80.【萩焼】について改めて考えてみた ③‐2 応用芸術(御用窯以外の作家 )編

こんにちは、のぶちかです。 今回は「応用芸術」の内、「御用窯以外の作家」編を私の個人的主観としてお送りします。 念の為、応用芸術についておさらいしておきましょう。 応用芸術とは? 絵画,彫刻などの純粋美術もしくは自由美術に対して,実用性,有用性をふまえた美術のこと。工芸美術全般,装飾美術,現代のデザインなどをいう。 出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「応用美術」 ポイントは、鑑賞のみが目 […]

79. 【萩焼】について改めて考えてみた ③‐1 応用芸術(御用窯)編

こんにちは、のぶちかです。 今回は萩焼の「応用芸術」編をお送りします。 応用芸術とは? 絵画,彫刻などの純粋美術もしくは自由美術に対して,実用性,有用性をふまえた美術のこと。工芸美術全般,装飾美術,現代のデザインなどをいう。 出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「応用美術」 ポイントは、鑑賞のみが目的となるファインアートに比べて「実用・有用性」を伴った美術という事☝ 前回の記事、78.ファ […]

78. 【萩焼】について改めて考えてみた ②ファインアート編

※本章は萩焼に関する基本的な内容に触れるものではありません。※本章には私の個人的見解が大きく含まれます。 こんにちは、のぶちかです。 さて前回、萩焼が3階層により成り立っている事が分かりました。 ちなみに前回は階層の軸を「芸術性」としましたが、便宜上「芸術性」と表現しただけで内実の如何はそれぞれ個人差がある事と(後述)、商業ベースで考えた場合の階層はまた異なる事や、各階層の優劣を示す意味ではない事 […]

77. 【萩焼】について改めて考えてみた ①階層編

※本章では基本的な内容は割愛しております。 こんにちは、萩焼の町「萩」に住んでるのぶちかです。 さて今回も昨日に引き続き、アート関連の話題を。 昨日は「ファインアート(純粋芸術)」の境界が20世紀後半の四半世紀以降曖昧になってきている事から、時代と共に「工芸品」を「ファインアート」に内属する見方も出てきている事が分かりました。 しかし、 「意匠性が低く安価で実用的なもの」は「工芸品」ではなく「大量 […]

75. 【自己対話】のススメ

こんにちは、のぶちかです。 さて以前にもマジメくさった感じで「自己対話」の有用性に関して書きましたが、これをするようになって本当に調子が良いので、「自己成長」したい方には何度でもお伝えしたく本日も語ります(笑)☝ 自己対話の効果 結論から言うと、自己対話が習慣化されると 感情に支配されにくくなり自己成長がすすむ んです。 例えば私が最近よく使う言葉が 「心がざわつく」 なんですが、これは自分に起こ […]

70. 【田舎】のメリットとデメリットをイケハヤ氏目線と比較したら面白かった! その4-2「ライフスタイル」編

こんにちは、のぶちかです! さていよいよ東京から高知県本山町へ移住したイケハヤ氏と、山口県萩市(人口約4万人)に住む私の【田舎】に対する目線比較も今回で終わりです。 それと再三言いますが、今から行う比較はイケハヤ氏に対する反論では全くなく、イケハヤ氏の田舎愛目線が嬉しいという気持ちと、私が知る田舎の現実との乖離や共通認識が面白かったので勝手に比較するだけです (笑)。 それではさっそく参ります! […]

1 4